女性用薄毛育毛剤おすすめランキング

*

女性用薄毛育毛剤おすすめランキング

今、薄毛で悩む若い女性が増えています。

40代以上の女性が、加齢ととも髪のボリュームがなくなったり、分け目から地肌が透けて見えるというのは、前からありましたが、最近ではストレスからホルモンバランスが乱れて薄毛になるケースも多いようです。

■女性の薄毛のタイプ

女性が薄毛になるメカニズムは、男性が薄毛になるメカニズムとは異なります。
さらに、女性の薄毛には大きく分けて以下の3つのタイプがあると言われています。

1.加齢タイプ
最も代表的な女性の薄毛はこのタイプです。40代を境にホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少することで髪が細くなり薄毛になります。

2.ストレスタイプ
ストレスや過度なダイエット、生活習慣の乱れが原因で頭皮の血行が悪くなり、毛根に栄養分が届きにくくなるために起きる薄毛です。

3.外的要因タイプ
同じ分け目を長年続けたり、紫外線を浴びたりすることで、頭皮や毛根がダメージを受け、薄毛になります。

これら3つのタイプは薄毛になる原因が異なるため、それぞれの薄毛タイプにあった対処方法が必要です。

例えば、加齢タイプなら女性ホルモンの減少を抑えてホルモンバランスを整えることが、薄毛に対する対処になります。

 

■3つの薄毛タイプに対応する育毛剤とは

ただ、世の中には沢山の女性用育毛剤がありますが、上の3つのタイプ全てに対応している育毛剤は多くはありません。

ある育毛剤は、加齢タイプの薄毛を予防することに特化していたり、ある育毛剤はストレスタイプの薄毛を予防することに特化していたりします。

もちろん、自分の薄毛のタイプがはっきりしている場合は、その薄毛のタイプに会った育毛剤を購入すれば問題ないのですが、加齢とストレスなど2つ以上の要素が複雑に合わさって薄毛になっているような場合には、やはりオールマイティーに対応している育毛剤の方が嬉しいですよね。

そういう意味でおすすめなのは、花蘭咲(からんさ)という育毛剤です。
花蘭咲は、上記のどの薄毛タイプにも対応しています。

花蘭咲の主要成分はエビネ蘭という希少な和蘭からしか抽出できない「カラントサイド」と「グルコインディカン」という貴重な育毛成分です。

この成分が、強くて美しい髪を育てます。

 

■毛髪と頭皮のこんな悩みに応えます

  • 分け目やつむじが広がっているよゆで気になる
  • 年齢でハリコシがなくなった感じがする
  • 髪にボリュームがなく、髪形が決まらない
  • シャンプーやブロー時の抜け毛が気になる
  • 産後の抜け毛がひどい
  • トップが濡れたようにペチャンコに…
  • 地肌が透けて見える
  • 髪にツヤがない
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 髪のせいで老けて見られる
  • 頭を上から見られるのが恥ずかしい
  • 誰かに髪の毛のことを相談するのが恥ずかしい
  • 人から後姿を見られるのが嫌

 

■女性用育毛剤の選び方

女性用育毛剤を選ぶ際には、上に述べたようにどのタイプの薄毛に効果的かとうこと以外に、経済的なコストパフォーマンスも大きな要素です。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、育毛剤は約6ヵ月間使い続けないと効果を判断できないと言われています。

育毛剤にもよりますが、大体ボトル1本の育毛剤で1ヵ月~2ヵ月使用できるものが多いので、最大で6本、最低でも3本は同じ育毛剤を使い続けないと、効果があるかどうかはわからないのです。

ただ、育毛剤は頭皮というとても便かな箇所に塗布するものなので、肌質に合うかどうかが大きな問題。敏感肌の人は、どんな育毛剤でも使えるというわけではありません。

それも、試してみてはじめてわかることですので、できれば初回のコストは低く抑えたいところ。予算にもよりますが、3,000円をオーバーするようだと購入ハードルがぐっと高くなる気がします。

また、育毛剤によっては定期購入が条件になっているものもあります。最低6ヵ月しないと効果がわからないという理由で、6ヵ月間は購入し続けることが割引条件になっているものもありますが、肌質に合わないなどの理由で継続することが困難なことを考えると、定期購入じゃないもの、もしくは定期購入でも途中解約のペナルティがないものの方が嬉しいですね。

まとめますと、

1.どの薄毛タイプに対応しているか(全対応ならベター)
2.初回お試しのハードルが低いか
3.定期購入じゃない、または途中解約でペナルティがない

このあたりを基準に選んでみたはいかがでしょうか?

もちろん、知り合いで育毛剤を使っている人がいれば、その人の口コミを信じてもいいですし、ネットの口コミを参考にしてもいいと思います。
ただし、肌質や薄毛タイプが自分と同じであるとは限りません。
そういう意味で、やっぱり試してみるのが最善なのです。